新型コロナウイルス感染症の情報

更新日:2021年4月8日

中華人民共和国湖北省武漢市で令和元年12月以降、新型コロナウイルス感染症(COVID-19)の発生が報告されて以来、世界各地で感染が拡大し、同年3月11日WHOはパンデミックを宣言しました。

感染が疑われる場合のご相談先

東京都発熱相談センター

電話:03-5320-4592(24時間、土曜日・日曜日・祝日を含む毎日)
発熱等の症状を呈した方で、かかりつけ医のいない場合や相談先に迷っている場合などの相談に対応します。
かかりつけ医のいる方は、かかりつけ医に電話でご相談ください。

東京都新型コロナコールセンター

電話:0570-550571 ナビダイヤル(毎日9時から22時まで)英語、中国語、韓国語対応可

厚生労働省の電話相談窓口

電話:0120-565653(毎日9時から21時まで)

区民の方へ

対策のポイント

  • 流水と石けんによる手洗いを頻繁に行いましょう。特に外出した後や咳をした後、口や鼻、目などに触る前には手洗いを徹底しましょう。
  • 咳エチケットを守りましょう。外出時、屋内にいるときや会話をするときは、症状がなくてもマスクをしましょう。マスクのない状態で咳やくしゃみをする場合は、口と鼻をティッシュなどで覆いましょう。

パンフレットをダウンロードして、家庭や職場でご活用ください。

新型コロナウイルスに関連した肺炎について

医療機関の方へ

医療機関の方向けの情報は次のページからご覧ください。

目黒区の対応

区長を本部長とする新型コロナウイルス感染症対策本部を設置して新型コロナウイルス感染症への区としての対策を検討しています。

関連ページ

感染症に関する多言語ガイドブック

外国人の方は、感染症を疑う症状があったとしても、日本において医療機関を受診することは、言語の障壁や受診の仕方の違いなどから、困難が伴います。東京都では外国人の方が必要な時に医療機関を受診できるようサポートする多言語対応のガイドブックを作成し公開しています。

外国語で医療機関を探す

電話やインターネットで、地域や診療科目、対応言語などの条件から、医療機関を探すことができます。

電話で医療機関を探す(東京都保健医療情報センター外国語による相談窓口)

電話:03-5285-8181

東京都では、外国語で電話対応する相談窓口を設置して外国語の通じる医療機関の紹介や、日本の医療制度に関する情報の提供を行っています。英語、中国語、韓国語、タイ語、スペイン語に対応し、対応時間は毎日9時から20時までです。

インターネットで医療機関を探す(東京都医療機関案内サービス ひまわり)

日本語、英語、中国語、韓国語で利用できます。

お問合せ