秋季農産物品評会・即売会を開催しました(2019年11月)

更新日:2019年12月1日


出品の様子(野菜)


出品の様子(果物)


出品の様子(花)

秋季農産物品評会

2019年11月16日(土曜日)碑文谷体育館で、秋季農産物品評会及び即売会を実施しました。この催しは、目黒区と目黒区農業振興運営協議会の共催で、世田谷目黒農業協同組合の協力を得て毎年夏季と秋季の2回開催しているものです。

品評会には、目黒区内の生産者が手塩にかけて育てた172点の野菜、果物、花などが出品され、品評会が終わった後に即売しました。また、会場の外でも即売会を行いました。秋晴れの土曜日、新鮮で安心安全な農産物を廉価で購入することができるとあって、生産者と言葉を交わしながらたくさん買い求め、大きな袋を重そうに持って帰られる姿が多く見られました。

中庭即売会の様子

色とりどりの新鮮な野菜や果物、きれいに咲いた花などが並びました。

中庭即売会の様子の写真
新鮮な野菜や果物が並びました

中庭即売会の様子の写真
青空に花も映えています

審査及び講評の様子

出品された農産物は、世田谷目黒農業協同組合経営管理委員会会長、東京都農業振興事務所振興課長及び東京都中央農業改良普及センター西部分室主任普及指導員により丁寧に審査され、入賞作品が決定しました。
審査員は、1品1品手に取り、熟度・揃い・表面の様子などについて意見交換しながらたくさんの出品作品の中から特に優れたものを選び出しました。
審査終了後、生産者の皆さんが審査会場に集まり、審査員から講評を聞きました。
講評では、台風による大雨や日照不足、また、病害虫の多い年で野菜も花も生育が難しく苦労されたと思うが、素晴らしい作品が出品されていたなどの話がありました。


審査風景


審査風景

令和元年度秋季農産物品評会出品作品一覧

そ菜

かぶ、カボチャ、カリフラワー、キャベツ、小松菜、さつま芋、里芋、じゃがいも、しょうが、大根(各種)、玉ねぎ、トウガン、ねぎ、ブロッコリー、ホウレンソウ、八つ頭

鉢物

アレンジフラワー、金のなる木、菊、ストック、葉牡丹、パンジー、ビオラ、ペンタス、寄せ植え

その他

甘柿(各種)、渋柿(各種)、カボス、かりん、キウイ、ザボン、ぶどうジャム、干しぶどう、みかん、ゆず(各種)、ライム、レモン、ローリエ

今回の特別賞入賞作品

東京都知事賞

白菜
さつま芋(紅はるか)

目黒区長賞特等賞

特等賞
里芋

特等賞
ビオラ(鉢植え)

特等賞
かぶ(あやめ雪)

特等賞
ぶどうジャム

城南西地区農業改良普及事業協議会会長賞

城南西地区
甘柿(次郎柿)

城南西地区
キウイ(アップルキウイ)

世田谷目黒農業協同組合経営管理委員会会長賞

JA世田目経営委員会
大根(秋風)

全国農業協同組合連合会東京都本部長賞

全農
みかん

お問合せ