コンビニ交付サービスで課税(非課税)証明書を取得するには

更新日:2022年6月27日

コンビニエンスストア等店舗のマルチコピー機(キオスク端末)で、マイナンバーカードを利用して課税(非課税)証明書を取得することができます。

課税(非課税)証明書の取得条件

コンビニ交付サービスで課税(非課税)証明書を取得するためには、下記の条件を満たしている必要があります。

  • 取得日現在、目黒区に住民登録があること
  • 取得希望年度の1月1日時点で目黒区に住民登録されていること(例えば、令和4年度(令和3年中の所得)の証明書の取得には、令和4年1月1日時点で目黒区に住民登録されている必要があります。)
  • 15歳以上でマイナンバーカードを持っていること
  • 証明書を発行する年度に目黒区で課税(非課税)決定されていること

目黒区で課税(非課税)決定されているかたであっても、転出し現在目黒区に住民登録のないかたは、コンビニ交付サービスで取得できません。

すべての証明書に共通する利用条件

こちらのページからご覧ください。

課税(非課税)証明書をコンビニ交付サービスで取得する際の注意事項

  • 令和4年度(令和3年中の所得が記載)の課税(非課税)証明書のコンビニ交付が可能となるのは、令和4年6月10日からです。
  • 利用者ご本人の課税(非課税)証明書のみが取得可能です。同一世帯のかたの課税(非課税)証明書は取得できません。
  • 納税証明書および所得証明書、軽自動車税納税証明書はコンビニ交付サービスでは発行できません。
  • コンビニ交付サービスで取得できるのは、過去5年度分(現年度分含む)です。
  • ご本人が証明書の発行に制限を申し出ている等の理由で、コンビニ交付が利用できない場合があります。
  • 取得できる証明書の種類や年度は窓口交付等と異なりますので、詳細については、税務課にお問い合わせください。

お問合せ