令和3年度における住民税(特別区民税・都民税)の減免

更新日:2021年6月12日

生活保護を受けることになったかた、災害で被害を受けたことや前年に比して収入が激減したことにより生活が著しく困難となったかたについては、住民税の減額・免除の申請ができます。申請は、納税通知書をお受け取りになった後、お電話等でお問い合わせの上、納期限(必着)までにしてください。なお、納期限前であっても、既に納付済みのものについては申請対象にはなりませんのでご了承ください。

対象となるかた

  1. 生活保護を受けることになったかた 
    生活扶助以外の扶助のかたは、納期限ごとの申請が必要です。
  2. 災害で被害を受けたことにより、生活が著しく困難となったかた                          
    当該災害により意識不明になり申請ができなかった等、申請ができなかったことにつき正当な理由があると区長が認める場合を除き、当該災害があった日の翌日から起算して3か月以内の申請が必要です。り災証明書等、災害による損害の状況を確認できる書類が必要です。
  3. 前年に比して収入が激減したことにより、生活が著しく困難となったかた

要件、減免の割合、申請方法等は、下記のとおりです。

「前年に比して収入が激減したことにより、生活が著しく困難となったかた」の減免

要件

次の「申請要件判定フローチャート・収入状況チェックシート」を参考にしてください。

申請される場合には、申請書と併せて収入状況チェックシートを提出してください。
詳しくは、申請書および申請に必要な書類をご確認ください。

  1. 令和2年の収入が、利子・配当・退職・譲渡・一時・先物取引に係るもののみではないこと。(例)配当以外にも給与や事業収入がある。
  2. 令和2年の合計所得金額(令和2年・令和3年中(令和3年8月1日以降の申請の場合はその申請月以後6か月間を含みます。)に退職金収入がある場合(見込みも含みます。)には、この退職金収入を加算した金額)が250万円以下であること。
    令和2年の合計所得金額は、令和3年6月10日頃(特別徴収のかたにつきましては、令和3年5月17日頃)に発送する納税通知書に記載しておりますので、そちらを参照してください。なお、特別徴収のかたで令和3年4月分(納期限 令和3年5月10日)及び令和3年5月分(納期限 令和3年6月10日)の減免申請をされるかたは、納期限前までに申請する必要がありますのでお問い合わせください。
  3. 申請月の前月以前3か月間の不動産所得、事業所得(先物取引に係るものを除く。)、給与所得、山林所得及び雑所得(先物取引に係るものを除く。)に係る収入(以下「給与収入等」といいます。)の合計の1か月平均と令和2年の1年1日から12月31日までの給与収入等の1か月平均とを比較し3割以上減少していること。
  4. 申請月の前月以前6か月間の所得金額及び申請月以後6か月間に見込まれる所得金額の合計額が減免基準額(注記)以下であること。
  5. 申請月以後6か月後までに退職が確定していない場合は、育児、介護、疾病等による休業に対し給付される育児休業給付金等は給与収入とみなして3及び4の要件を適用します。
  6. 令和3年度における減免の特例として、持続化給付金等の新型コロナウイルス感染症による影響に係る対策として支給等されるものについては、非課税所得とならないものであっても3の給与収入等及び4の申請月の前月以前6か月間の所得金額及び申請月以後6か月間に見込まれる所得金額の合計額の算定には含めません。

(注記)減免基準額

減免基準額とは、住民税の均等割が非課税となる額です。具体的には次のとおりです。未成年者の判定は令和3年1月1日時点、それ以外の判定は申請日時点の現況によります。

  • 単身者のかた 45万円
  • 同一生計配偶者又は扶養親族がいるかた 35万円×(扶養数+1)+31万円
  • 障害者、寡婦(ひとり親)又は未成年者であるかた 135万円

減免の割合

対象税額を10割減額(免除)

申請方法

新型コロナウイルス感染症拡大防止のため、原則として申請は郵送でお願いします。
事前に申請要件に該当するかどうか要件判定フローチャート・収入状況チェックシートを基にご確認いただくとともに、お手数をおかけしますが、申請書を提出する前にお電話等でお問い合わせください。
なお、窓口・電話は納税通知書送付後の混雑が予想されるため、長時間お待たせする可能性がありますので、あらかじめご了承ください。

郵送先

〒153-8573
東京都目黒区上目黒二丁目19番15号
目黒区役所 税務課課税第2・3係 減免担当 行

申請書および申請に必要な書類

  1. 本人確認書類の写し(免許証、パスポート等)
  2. 減免申請書・生活状況報告書・減免申請に当たっての宣誓書
  3. 収入状況チェックシート(1から4枚目)・提出書類チェックリスト
  4. 申請月の前月以前6か月の所得状況がわかるものの写し((例)給与明細書、育児休業給付金等の支給状況を証する書類、年金額改定通知書、月次試算表、取引残高報告書、取引報告書その他収支の状況が分かる書類等)
  5. 申請月以後6か月の所得状況の見込みの根拠となる書類(用意できれば)
  6. 失業した場合は、離職票、雇用保険受給資格証、退職証明書、廃業届等失業したことが分かる書類
  7. 病気で就職が困難な場合は、診察券、薬の袋、診断書等通院中であることが確認できる資料
  8. 退職金収入がある場合はそれを証明するものの写し(源泉徴収票等)
  9. 減免基準額で障害者基準を適用するかたは障害者手帳(申請日において手続中の方は、申請書等)、その他の障害の状況を証明するものの写し
  10. 扶養者が海外居住の場合は親族関係及び送金関係書類
  11. その他、状況に応じて必要な書類の提出を求める場合があります。(預金通帳の写し等)

申請にあたっての注意点

  • 申請をいただいてから審査結果を通知するまで1か月程度お時間をいただく可能性があります。
  • 減免の対象とならない場合もありますので、納付のご相談もご検討ください(電話:03-5722-9829)。
  • 今年度の住民税を、口座振替される予定のかたは、住民税の減免申請を令和3年6月17日(木曜日)(必着)までにご申請いただければ、第1期分(全期一括分)令和3年6月30日(水曜日)の口座振替は止められます。しかし、一部の住民税のみが減免されるかた、減免の要件に該当されなかったかたは後日、納付書にて納付していただくことになります。なお、第2期分以降は次のとおりです。第2期分令和3年8月18日(水曜日)、第3期分令和3年10月19日(火曜日)、第4期分令和4年1月18日(火曜日)、随3期分令和4年3月17日(木曜日)。
  • 申請内容について、お電話等でお問合わせをさせていただく場合がありますので、ご了承ください。
  • 申請書類に不備があった場合は、申請書類をすべて返却する場合があります。
  • 申請に必要な書類が揃えられない場合は、減免の対象となりません。
  • 減免決定後に、申請月の前月以前6か月間の所得金額及び申請月以後6か月間に見込まれる所得金額の合計額が減免基準額を超えることとなった場合には、減免決定を取り消しますのでご連絡ください。
  • 申請内容に虚偽が発覚した場合には、減免決定を取り消します。
  • 減免決定後に、確定申告等により合計所得金額等に変更があった場合は、減免決定の取り消し等、減免決定の内容を変更しますのでご了承ください。
  • 減免申請をされた場合であっても、その審査期間中に地方税法に基づき目黒区から督促状が送付される場合がありますのでご了承ください。
  • 本減免申請に当たり必要となる証明書類の取得に係る手数料等については、申請者のご負担となりますのでご了承ください。

お問合せ