このページの先頭ですサイトメニューここから
このページの本文へ移動


サイトメニューここまで

本文ここから

ゲートキーパー

更新日:2019年3月1日

ゲートキーパー(Gatekeeper)とは、「門番」という意味です。

自殺対策におけるゲートキーパーは、「地域や職場、教育、その他様々な分野において身近な人の自殺のサインに気づき、その人の話を受け止め、必要に応じて専門の相談窓口へつなぐなどの役割が期待される人」のことです。
話をよく聞き、一緒に考えてくれるゲートキーパーがいることは、悩んでいる人の孤立を防ぎ、安心を与えます。

1 気づく

「何か悩みがありそうだ」「体調が悪そうだ」と感じるサインには次のようなものがあります。

  • ひどく沈んでいる。
  • 集中できない。
  • なかなか決断できない。
  • くよくよして悲観的。
  • 自分はダメだという。

サインに気づいたら、勇気を出して声をかけてみましょう。

2 傾聴する

傾聴とは、本人の言いたいことや悩みをありのまま受け入れ、じっくりと耳を傾けることです。傾聴は、「受容」と「共感」がポイントです。

受容

本人の気持ちや言葉を尊重し、否定せずにそのまま受け止めること。善悪の評価や助言は必要ありません。

共感

相手の立場や気持ちを共に感じること。うなずくだけでもいいでしょう。

3 つなぐ

自殺を考えるほど悩みを抱えている人には、多くの場合その背景に様々な問題が複雑に絡み合っている状況が見られます。専門の相談機関などに相談することによって具体的な解決の糸口が見つかるかもしれません。自殺を防ぐためには、ゲートキーパーが本人の話をしっかり受け止めた上で関係機関と連携し、継続的な支援ができるようにすること(つなぐこと)が大変重要です。

4 見守る

継続してこれまでどおり自然な雰囲気で声をかけたり、生活の中で体やこころの負担が軽減するように配慮するなどして、あせらず温かく見守りながら回復を支えましょう。

お問合せ

このページは、健康推進課が担当しています。

所在地 〒153-8573 目黒区上目黒二丁目19番15号

電話 03-5722-9586

ファックス 03-5722-9329

本文ここまで

サブナビゲーションここから

めぐろ掲示板

防災地図アプリの画像

防災地図アプリ
スマートフォン用防災地図アプリの無料配信行っています。アプリをダウンロードすることで、目黒区防災地図を閲覧することができます。

ランニングをする人

めぐろスポーツニュース
毎月15日に発行で、区のスポーツに関するイベントや施設の情報をお知らせしています。

学校給食レシピ本「みんな大好き学校給食」表紙画像

学校給食レシピ本「みんな大好き学校給食」
学校給食の人気レシピを一冊にぎゅっとまとめました!ぜひ、ご家庭でも実践してみてください。

知りたい情報が見つからないときは

サブナビゲーションここまで

以下 奥付けです。

目黒区役所

〒153-8573 東京都目黒区上目黒二丁目19番15号

電話 03-3715-1111(代表)

法人番号 1000020131105

© 2017 Meguro City.