隣接学校希望入学制度に関するアンケート結果(平成26年度実施)

更新日:2018年6月5日

 目黒区区教育委員会における入学の指定については、通学区域の指定校を基本とした上で、保護者の意向への配慮と学校選択の機会の確保、また、学校生活の充実と魅力ある開かれた学校づくりの一層の推進を目指して、指定校に隣接する学校へ入学を希望できる隣接学校希望入学制度を実施しています。制度の対象は、区立小学校、及び中学校の第1学年に入学する児童・生徒とし、平成15年度入学から中学校を開始し、17年度入学から小学校を開始したところです。
 ここ数年申込み率は一定している状況ですが、制度の開始後約10年という期間が経過したこと、他校への希望の集中などにより一部の学校が小規模化している事例もあること、及び地域から学校の地域性等に関する課題の提起を受けていることなどから、制度目的の達成状況等の調査・検証を行うこととし、その基礎資料とするためにアンケート調査を実施いたしました。

お問合せ