このページの先頭ですサイトメニューここから
このページの本文へ移動


サイトメニューここまで

本文ここから

令和3年度めぐろサクラ再生プロジェクトの取組を報告します

更新日:2022年4月25日

目黒区では、公園や緑道、道路緑地等の桜の保護・植替えを進めていくため、平成26年3月に目黒のサクラ基金を設立しました。この基金を活用して、平成27年度から目黒のサクラ保全事業に取り組んでいます。
目黒のサクラ保全事業について寄付者や区民の皆様にご報告をするため、「令和3年度目黒のサクラ保全事業報告会」を開催する予定でしたが、新型コロナウイルス感染症拡大防止のため、報告会に代わり、ホームページで令和3年度のめぐろサクラ再生プロジェクトの取組についてご報告させていただきます。

目黒のサクラ保全事業報告

令和3年度は、桜の健康状態を把握する樹木診断と倒木の恐れのある桜の伐採や植替えを行うサクラ保全工事を実施しました。

樹木診断

外観診断目黒川220本、碑文谷公園2本
精密診断目黒川28本、駒場公園8本、立会川緑道4本、九品仏川緑道6本

外観診断:樹木を目視や木槌などの器具を用いて、健康状態を把握し、精密診断が必要な樹木を抽出する診断。
精密診断:専門の腐朽診断機器を用いて、樹木内部の空洞率を測定する診断。

サクラ保全工事

伐採

目黒川3本、田向円融寺通り5本、碑さくら通り1本、九品仏川緑道2本

抜根

目黒川1本、田向円融寺通り2本、碑さくら通り3本、呑川柿の木坂支流緑道1本、
呑川駒沢支流緑道1本、九品仏川緑道1本、東山児童遊園1本

植替

目黒川1本、田向円融寺通り1本、呑川柿の木坂支流緑道1本、呑川駒沢支流緑道1本、
九品仏川緑道1本、東山児童遊園1本


桜守さくらもり活動紹介「目黒のサクラ保全事業だより(桜守活動編)」

区内には地域の皆様に愛される多くの桜の風景がありますが、老齢化が進む多くの桜を保全し、後世に伝えていくためには、地域の皆様との協働が大切であると考えています。このお便りでは、地域の皆様と目黒の桜の風景を一緒に守っていく「桜守活動」について、ご紹介しています。

関連するページ

めぐろサクラ再生プロジェクトの取組

「目黒のサクラ基金」への寄付を受け付けています

PDF形式のファイルを開くには、Adobe Acrobat Reader DC(旧Adobe Reader)が必要です。
お持ちでない方は、Adobe社から無償でダウンロードできます。
Get Adobe Acrobat Reader DCAdobe Acrobat Reader DCのダウンロードへ

お問合せ

このページは、みどり土木政策課が担当しています。

所在地 〒153-8573 目黒区上目黒2丁目19番15号

電話 03-5722-9745

ファックス 03-3792-2112

本文ここまで


以下 奥付けです。

目黒区役所

〒153-8573 東京都目黒区上目黒二丁目19番15号

電話 03-3715-1111(代表)

法人番号 1000020131105

© 2017 Meguro City.