このページの先頭ですサイトメニューここから
このページの本文へ移動


サイトメニューここまで

本文ここから

受動喫煙防止対策

受動喫煙(人が他人の喫煙によりたばこから発生した煙にさらされること)は、肺がんや脳卒中、乳幼児突然死症候群のリスクを高めるとされ、健康に悪影響を及ぼすことは、科学的に明らかにされています。

受動喫煙による体への主な悪影響は、乳幼児は「乳幼児突然死症候群」、子どもは「喘息」、大人は「肺がん」、「脳卒中」、「虚血性心疾患」があります

日本における受動喫煙による年間死亡者数は推定約15,000人とされています。こうした受動喫煙による健康影響を未然に防止するために制定された「健康増進法の一部を改正する法律」及び「東京都受動喫煙防止条例」が令和2年4月1日に全面施行され、屋内は原則禁煙となりました。

目黒区でもこれらの法令等に基づき、受動喫煙防止対策を進めていきます。

本文ここまで


以下 奥付けです。

目黒区役所

〒153-8573 東京都目黒区上目黒二丁目19番15号

電話 03-3715-1111(代表)

法人番号 1000020131105

© 2017 Meguro City.