海福寺四脚門 区指定有形文化財(建造物)

更新日:2013年9月20日

海福寺四脚門の写真
海福寺四脚門

指定年月日

昭和59年3月31日

時代・年代

江戸時代中期頃

公開の有無

屋外

所在地

目黒区下目黒三丁目20番9号 海福寺(かいふくじ)

交通

東急バス渋41系統(渋谷駅西口から大井町駅)不動尊参道(ふどうそんさんどう)バス停下車3分

解説

四脚門(しきゃくもん)は門の中央にある親柱2本の前後に2本ずつある4本の控え柱からきた名称で、日本建築の最も一般的な山門や表門の形式です。海福寺(かいふくじ)の赤い四脚門(しきゃくもん)は、明治期に廃寺になった上落合の泰雲寺(たいうんじ)より明治後期に移築したものです。

この門は軒回りや屋根に大幅な補修を受けていますが、木鼻(きばな)、蟇股(かえるまた)、妻飾(つまかざ)り等の様式は江戸時代中期頃の標準的な特長をよく備えています。
妻飾りに「笹に雀」の宇和島伊達家(だてけ)の紋が見られます。