旧栗山家主屋 区指定有形文化財(建造物)

更新日:2013年9月20日

旧栗山家主屋の写真
旧栗山家主屋

指定年月日

昭和54年3月27日

時代・年代

江戸時代中期頃

公開の有無

  • 公開日は水曜日から日曜日。
  • 公開時間は9時30分から15時30分まで。
  • 休館日は月曜日、火曜日(ただし、祝日の場合は公開。月曜日と火曜日が両日ともに祝日の場合は公開し、翌日が休館。)、および年末年始(12月28日から1月4日まで)。
  • 見学無料。

所在地

目黒区碑文谷三丁目11番22号 すずめのお宿緑地公園

交通

東急バス黒01系統(目黒駅前から大岡山小学校前)碑文谷三丁目バス停下車2分

解説

構造は、桁行7.5間、梁間5間、広間型平面、寄棟造(よせむねづくり)で、旧衾村(ふすまむら)の「年寄」を代々務めた旧家、栗山家の主屋(おもや)です。
茅葺(かやぶき)であったものを、防火のため銅板葺(どうばんぶき)に変更していますが、その他は、ほぼ元の状況を留めています。

建造年については、安政(あんせい)4年(1857年)に大改修が行われた記録があること、大黒柱を含めた軸組みの工法、南側の外縁などに見られる建築様式から、江戸時代中期と推定されています。

緑が丘一丁目にあったものを、すずめのお宿緑地公園に移築復元しました。

関連するページ