瀧泉寺勢至堂 区指定有形文化財(建造物)

更新日:2013年9月20日

瀧泉寺勢至堂の写真
瀧泉寺勢至堂

指定年月日

昭和59年3月31日

時代・年代

江戸時代中期頃

公開の有無

屋外

所在地

目黒区下目黒三丁目20番26号 瀧泉寺(りゅうせんじ)

交通

  • 東急バス渋41系統(渋谷駅西口から大井町駅)不動尊(ふどうそん)参道バス停下車7分
  • 東急バス渋72系統(渋谷駅東口から五反田駅)目黒不動尊(ふどうそん)バス停下車0分
  • 東急目黒線不動前駅下車15分

解説

勢至堂(せいしどう)は参道の左斜面、都指定有形文化財に指定されている前不動堂(まえふどうどう)の更に左手にあります。
建築の各部に後世の改変が見られますが、全体的な形姿や細部の絵様に優れた意匠を残しています。特に絵様の一部に寛永中興期(ちゅうこうき)の瀧泉寺(りゅうせんじ)の面影を伝えています。

正面は前不動堂(まえふどうどう)とよく似ていて、前不動堂(まえふどうどう)を意識してそれほど遠くない時代に立てられたと推測されます。史料がなく後世の変更部分を確定できませんが、境内で度重なる火災を免れた数少ない江戸期の建造物の一つで、簡素な細部様式と落ち着いた風格を今に伝えています。

もとは前不動堂(まえふどうどう)の手前にありましたが、昭和44年に現在地付近に移築されました。