このページの先頭ですサイトメニューここから
このページの本文へ移動


サイトメニューここまで

本文ここから

文化財めぐり(上目黒コース)

更新日:2013年9月24日

文化財めぐりは、2時間から3時間かけて目黒区内の文化財を見学して歩きます。平成22年6月13日(日曜日)に実施した文化財めぐりのコースを紹介します。

文化財めぐり(上目黒コース)の行程

出発

9時30分 大橋氷川神社おおはしひかわじんじゃ出発

見学場所

  • 大橋氷川神社おおはしひかわじんじゃ
  • 区立東山貝塚公園
  • 区立東山街かど公園
  • 寿福寺じゅふくじ
  • 蛇崩川緑道じゃくずれがわりょくどう
  • 芦毛塚あしげづか
  • 駒繋神社こまつなぎじんじゃ
  • 世田谷観音

解散

12時 世田谷観音解散

文化財めぐり(上目黒コース)の概要

このコースは旧上目黒村大橋おおはしから、東山を経由し宿山しゅくやまに至り、後半は蛇崩川じゃくずれがわを遡り世田谷観音までを巡ります。

大橋おおはしは、大山道おおやまみち(現在の玉川通り)が目黒川を渡る所に架けられた橋に地名が由来するように、古くから交通の要衝でした。近代には玉電たまでんの名で親しまれた路面電車が通り、その車庫が置かれ、最近では首都高速道路の大橋おおはしジャンクションが設置されるなど、現在でも交通のかなめとなっています。

また、現在の池尻大橋いけじりおおはし駅付近、玉川通りをはさんで北側と南側の一帯には、戦前には陸軍輜重兵しちょうへい大隊、騎兵連隊などの施設があり、兵隊屋敷と呼ばれていました。

東山地域からは、東山貝塚を始めとして、縄文時代の人々の生活を伝える遺跡があちこちから発見されています。近代には軍の広大な練兵場れんぺいじょうとして使用され、戦後は公務員住宅、小学校、中学校などが建てられています。

宿山しゅくやまは、上目黒地区の中でも古くから集落があった場所で、鎌倉道と呼ばれた中世以来の古道こどうが通り、宿山しゅくやまの名も宿場があったことに由来するといわれています。この地域には寿福寺じゅふくじ、烏森稲荷神社があります。

蛇崩川じゃくずれがわ馬事公苑ばじこうえん(世田谷区上用賀二丁目1番1号)付近を源とし、中目黒駅下流で目黒川に合流する目黒川の支流のひとつです。緑道りょくどうとして整備されている所が多く、川すじをたどることができます。

目黒から世田谷にかけて、川に沿って芦毛塚あしげづか下馬しもうま、上馬、駒繋神社こまつなぎじんじゃなど、馬にまつわる地名があり、源義家、頼朝の奥州遠征に関わる言い伝えがあります。

文化財めぐり(上目黒コース)の見学場所の解説

1 大橋氷川神社おおはしひかわじんじゃ

大橋氷川神社おおはしひかわじんじゃ(目黒区大橋二丁目16番21号)は旧上目黒村の鎮守で上目黒氷川神社とも呼ばれています。天正てんしょう年間(1573年から1592年)に上目黒村の旧家である加藤氏がこの地に迎えたと言われています。

祭神さいじんはスサノオノミコトです。あわせて天照大神あまてらすおおみかみ菅原道真すがわらのみちざねを祭っています。

正面の階段は、文化13年(1816年)に小松石こまついしで造られましたが、明治38年(1905年)の大山道おおやまみち改修の際に敷地を削られ、現在の急勾配の階段に改修されました。石段の下には、石段の改修記念碑、「武州荏原郡古菅刈庄目黒郷ぶしゅうえばらぐんこすげかりのしょうめぐろごう」と刻まれた供養塔、天保13年(1842年)に建てられた大山道おおやまみち道標があります。

また境内には、目切坂上めきりざかうえにあった目黒元富士めぐろもとふじから移された浅間神社せんげんじんじゃの石祠、碑があります。

神社に向かって左手の斜面には、「目黒富士めぐろふじ」と名付けられた登山道が設けられ、毎年7月1日には山開きが行われています。

2 東山貝塚・東山貝塚公園

東山貝塚は、北区の西ヶ原貝塚、港区の丸山貝塚とともに都内三大貝塚とよばれた著名な貝塚でしたが、駒沢練兵場や区画整理などで比較的早い時期に消滅したものと考えられていました。

しかし、昭和58年から60年の発掘調査で縄文時代の住居跡が次々と発見され、集落の一部が残っていることがわかりました。現在まで住宅建設などの際に断続的に調査が行われ、旧石器時代のれき、縄文時代中期から晩期の住居跡、土坑墓どこうぼ、落し穴、弥生時代後期・古墳時代の住居跡、駒沢練兵場れんぺいじょう跡などが見つかっています。

区立東山貝塚公園(目黒区東山三丁目16番7号)には縄文人の生活を再現したコンクリート製の竪穴たてあな住居があります。また、貝塚が出土した公園西側の斜面のあたりから、今も水が湧き出しています。

3 東山街かど公園

区立東山街かど公園(目黒区東山三丁目20番1号)には、舗装の色をかえて、発掘された縄文住居跡の表示があります。中央に炉の跡、周囲4か所の柱の跡も表示されています。かつては東山の高台に何棟もの竪穴たてあな住居が建ち、小集落を形成していたと思われます。

4 寿福寺じゅふくじ

寿福寺じゅふくじ(目黒区上目黒五丁目16番6号)は、元和げんな元年(1615年)鳳算大阿闍梨ほうさんだいあじゃりの開山と伝えられています。本尊は阿弥陀如来像です。

境内には、区内に伝わるものとしては最古の弘安こうあん2年(1279年)の板碑いたびがあります。

また、相生地蔵あいおいじぞう庚申塔こうしんとうなど多くの石造物があります。

寿福寺じゅふくじ墓地には、川井権兵衛かわいごんべえの墓があります。川井家は、将軍の鷹狩りに備えて獲物を餌付けしておく綱差役つなさしやくを代々務めた家です。川井家に伝わる古文書は、鷹狩りや幕府の支配などを知る上で貴重な史料として、目黒区指定文化財に指定されています。

5 芦毛塚あしげづか

源頼朝みなもとのよりとも奥州征伐おうしゅうせいばつでこの地を通ったとき、乗っていた馬が沢に脚を取られ転落して死んでしまいました。この馬の供養のために芦毛塚あしげづか(五本木1丁目18番先)を建てたという伝説があります。

この伝説から、あたりの地名を馬引沢うまひきざわといい、かみ馬引沢うまひきざわしも馬引沢うまひきざわに分かれ、さらにかみ馬、しも馬の地名になったという説があります。

6 駒繋神社こまつなぎじんじゃ

駒繋神社こまつなぎじんじゃ(世田谷区下馬四丁目27番26号)の祭神さいじん大国主命おおくにぬしのみことです。

平安時代後期の天喜てんぎ4年(1056年)、源頼義・義家みなもとのよりよし・よしいえ父子が朝廷の命令を受け、奥州安倍氏征伐に向かう際ここに立ち寄り、戦勝祈願せんしょうきがんをしたという説があります。

のちの文治ぶんじ5年(1189年)、源頼朝が奥州藤原泰衡おうしゅうふじわらのやすひら征伐の際、源義家の古事にちなみ戦勝祈願せんしょうきがんを行い、社殿脇の松に馬を繋いだという言い伝えがあり、現在の神社名の由来になっています。

参詣後、頼朝は馬に乗って移動しようとしましたが、湿地のため馬を曳いて移動し駒留八幡神社こまどめはちまんじんじゃ(世田谷区上馬かみうま五丁目35番3号)から馬に乗ったので、下馬しもうま上馬かみうまの地名になったという説があります。

7 世田谷観音

世田谷観音として親しまれている世田谷山観音寺せたがやさんかんのんじ(世田谷区下馬四丁目9番4号)は、昭和26年に開山した寺で本尊は聖観世音菩薩、他に重要文化財の「不動明王並びに八大童子像」、都指定文化財の「五百羅漢ごひゃくらかん坐像」などの文化財があります。

「不動明王並びに八大童子像」は、文永ぶんえい9年(1272年)、鎌倉時代の仏師ぶっし運慶の孫の康円こうえんの作で、六角堂に安置されています。

制作年は蒙古襲来の2年前にあたり、胎内願文たいないがんもんから世情安定を願って造られたことがわかります。
都指定文化財の「五百羅漢ごひゃくらかん坐像」は、本所の羅漢寺にあったもので、現在目黒の五百羅漢ごひゃくらかん寺に残る羅漢像と一体を成すものです。

お問合せ

このページは、生涯学習課 文化財係が担当しています。

所在地 〒153-0061目黒区中目黒三丁目6番10号(めぐろ歴史資料館内)

電話 03-5722-9320

本文ここまで

サブナビゲーションここから

めぐろ掲示板

防災地図アプリの画像

防災地図アプリ
スマートフォンなどで利用できる防災地図アプリを配信しています。いざという時のために、ダウンロードしておきましょう。

ランニングをする人

めぐろスポーツニュース
毎月15日に発行で、区のスポーツに関するイベントや施設の情報をお知らせしています。

学校給食レシピ本「みんな大好き学校給食」表紙画像

学校給食レシピ本「みんな大好き学校給食」
学校給食の人気レシピを一冊にぎゅっとまとめました!ぜひ、ご家庭でも実践してみてください。

知りたい情報が見つからないときは

サブナビゲーションここまで

以下 奥付けです。

目黒区役所

〒153-8573 東京都目黒区上目黒二丁目19番15号

電話 03-3715-1111(代表)

法人番号 1000020131105

© 2017 Meguro City.