このページの先頭ですサイトメニューここから
このページの本文へ移動


サイトメニューここまで

本文ここから

ポリオ(急性灰白髄炎)予防接種

更新日:2021年4月1日

これまでポリオ定期予防接種は生ワクチンを使用して集団接種を行っていましたが、平成24年9月1日から医療機関での不活化ワクチンの個別接種(皮下に注射)に切り替わりました。

ポリオ(急性灰白髄炎)は、過去には、乳幼児が主にかかり、手足の運動マヒを生じたので小児マヒと呼ばれました。昭和36年の生ワクチン予防接種の実施以来、ポリオ(急性灰白髄炎)の患者発生は激減し、ここ30年は我が国での発生はありません。ただし、世界的には多数患者が発生している病気です。

不活化ポリオワクチンの定期予防接種

定期予防接種の対象となるワクチン

単独の不活化ポリオワクチン(ソークワクチン)
平成24年11月1日に導入される4種混合ワクチンと区別するため、このページでは「単独の不活化ポリオワクチン」と表記します。

対象となるかた

「生後3か月の応当日の前日」から「7歳6か月の応当日の前日」までのかたで、ポリオ予防接種の接種回数が不足しているかた。

なお、平成22年4月1日から平成24年7月生まれまでのかたで、生ワクチンを2回接種していないかたには「単独の不活化ポリオワクチン」予防接種票をお送りしています。

上記以外の定期予防接種の対象となるかたには、保健予防課予防接種係で接種票をお渡しすることができますので、必要なかたは、各管轄にお問い合わせください。

接種回数・接種間隔

標準として20から56日(3から8週間)の間隔で3回接種し、3回目接種終了後1年から1年6か月(少なくとも6か月)おいて1回追加接種

  • 生・不活化を問わず、すでにポリオ予防接種を受けたことがあるかたは、接種回数全4回のうち接種済みの回数を除いた残りの回数を接種してください。
  • 生ワクチンをすでに2回接種されたかたは不活化ワクチンを接種する必要はありません。
  • 当分の間(3年程度)に限って、単独の不活化ポリオワクチンについては、20日(3週間)以上の間隔をおいて必要な回数(4回以内)の接種をすることができますが、この場合であっても、なるべく標準的な接種間隔で接種してください。

関連ファイルのダウンロード

単独の不活化ポリオワクチンの接種回数・接種間隔について、詳しくはこちらをご覧ください。

単独の不活化ポリオワクチン予防接種について、詳しくはこちらをご覧ください。

関連するページ

子どもの予防接種

お子さんの定期予防接種について、目黒区でのお知らせ方法や接種方法をご案内します。

外部サイトへリンク 新規ウインドウで開きます。ポリオワクチン(厚生労働省)

厚生労働省のページです。ポリオワクチンについての詳しい情報はこちらのページをご覧ください。

PDF形式のファイルを開くには、Adobe Acrobat Reader DC(旧Adobe Reader)が必要です。
お持ちでない方は、Adobe社から無償でダウンロードできます。
Get Adobe Acrobat Reader DCAdobe Acrobat Reader DCのダウンロードへ

お問合せ

このページは、保健予防課予防接種係が担当しています。

所在地 〒153-8573 目黒区上目黒二丁目19番15号

電話 03-5722-7047

本文ここまで

サブナビゲーションここから

めぐろ掲示板

防災地図アプリの画像

防災地図アプリ
スマートフォンなどで利用できる防災地図アプリを配信しています。いざという時のために、ダウンロードしておきましょう。

ランニングをする人

めぐろスポーツニュース
毎月15日に発行で、区のスポーツに関するイベントや施設の情報をお知らせしています。

学校給食レシピ本「みんな大好き学校給食」表紙画像

学校給食レシピ本「みんな大好き学校給食」
学校給食の人気レシピを一冊にぎゅっとまとめました!ぜひ、ご家庭でも実践してみてください。

知りたい情報が見つからないときは

サブナビゲーションここまで

以下 奥付けです。

目黒区役所

〒153-8573 東京都目黒区上目黒二丁目19番15号

電話 03-3715-1111(代表)

法人番号 1000020131105

© 2017 Meguro City.