トップページ > 文化・スポーツ > 巡ろうめぐろ > 目黒のみち > 目黒のみち 呑川柿の木坂支流緑道

更新日:2014年1月31日

ページID:1812

ここから本文です。

目黒のみち 呑川柿の木坂支流緑道

「目黒のみち」は、「月刊めぐろ」1972年3月号から1984年2月号の掲載記事を再構成し編集したものです。

目黒のみち 呑川柿の木坂支流緑道

かつて、この川は世田谷区の住宅街を縫って流れ、東が丘一丁目35番先で目黒区に入り、柿の木坂三丁目からニ丁目・一丁目を経て目黒通りの下をくぐり、中根一丁目3番先で呑川(のみかわ)本流に注いでいた。

桜並木の緑道

昭和47年より、合流点から順次上・下流に向かって暗きょ化され、55年には全長2キロメートル余りの緑道に変身した。

上流の東が丘一丁目辺りは、昭和39年に新住居表示が施行されるまで、芳窪という地名であったヨシが生い茂ったくぼ地があったというのが、その名の由来という。今は、町会名にその名を残すだけだが、緑道沿いの静かな住宅街も、昭和ひとけたのころまでは、武蔵野の面影を残した郊外地であった。

お問い合わせ

区民の声課 区政情報コーナー