証明書のコンビニ交付サービス

更新日:2020年10月1日

証明書のコンビニ交付サービスは、マイナンバーカード(個人番号カード)を利用して、コンビニエンスストアで住民票の写し等の証明書を取得できるサービスです。コンビニエンスストア内にあるマルチコピー機(多機能端末)をマイナンバーカード所有者ご本人が操作をして、証明書を取得することができます。

サービス利用時間

午前6時30分から午後11時まで(施設や設備の保守作業日を除く)
24時間対応はしておりません。サービス利用時間にご注意ください。

サービス停止日

コンビニ交付サービスに関連する施設や設備の保守作業により、コンビニ交付サービスを停止することがあります。
現在予定しているコンビニ交付サービスの停止日は下記のとおりです。
なお、停止期間が終日の場合、停止日前日のサービス利用終了時刻(午後11時)から、停止日翌日のサービス利用開始時刻(午前6時30分)までご利用できません。

停止日 停止期間 交付できない証明書 理由
令和2年10月22日(木曜日) 午後5時から
翌日午前6時30分まで
全ての証明書 目黒区コンビニ交付システム保守作業
令和2年10月24日(土曜日) 午前9時から
午後3時30分まで
全ての証明書 目黒区総合庁舎内
ネットワーク機器保守作業
令和2年10月29日(木曜日) 午後5時から
翌日午前6時30分まで
全ての証明書 目黒区コンビニ交付システム保守作業
令和2年11月6日(金曜日)から
令和2年11月7日(土曜日)まで
午後10時から
午後7時30分まで
全ての証明書 目黒区総合庁舎内
ネットワーク機器保守作業
令和2年12月10日(木曜日) 終日 全ての証明書 目黒区コンビニ交付システム保守作業
令和2年12月25日(金曜日)から
令和3年1月3日(日曜日)まで
終日 全ての証明書 目黒区コンビニ交付システム保守作業

コンビニエンスストアの店員による証明書交付対応はできません

コンビニエンスストアのレジカウンターでマイナンバーカードをご提示いただいても、店員によるマルチコピー機の操作等、証明書交付対応はできません。個人情報漏えい防止のため、マイナンバーカード所有者ご本人に端末操作をしていただきます。

利用方法

  1. マイナンバーカード(利用者証明用電子証明書の暗証番号4桁を設定済みで有効期限内のもの)を持って、サービスが利用できるコンビニエンスストアに行きます(24時間対応はしていません。サービス利用時間にご注意ください)。
  2. コンビニエンスストア内にあるマルチコピー機のタッチパネル画面の「行政サービス」をタッチします。
  3. 画面に案内が表示されますので、その説明に従って端末操作をしてください。
  4. 手数料を入れてから印刷が終了するまでに、時間がかかる場合があります。印刷終了までマルチコピー機から離れないようにしてください。

取得できる証明書・取得できるかた・手数料

取得できる証明書 取得できるかた 手数料(1通)
住民票の写し 住民登録が目黒区にあるかた 200円
印鑑登録証明書 印鑑登録を目黒区でしているかた 200円
戸籍(全部・個人)事項証明書 住民登録、本籍がいずれも目黒区にあるかた 350円
戸籍の附票の写し(全部・一部) 住民登録、本籍がいずれも目黒区にあるかた 200円

手数料は窓口発行に比べて、1通当たり100円安くなります。

交付できない証明書

下記の項目に該当する場合は、コンビニ交付サービスでは証明書を交付できませんので、証明書交付窓口で交付申請をしてください。

住民票の写し

  • マイナンバー(個人番号)および住民票コードを記載したもの
  • 前々住所等、住所の異動履歴を記載したもの
  • 氏名変更履歴、通称の履歴を記載したもの
  • 転出や死亡などで除票となったかたを記載したもの
  • 転出の手続きをされたかた(転出予定者を含む)
  • 転出予定者と同一世帯のかた(転出予定者が転出されるまでの間)
  • 発行制限をかけているかた
  • 改製原住民票など最新以外のもの

印鑑登録証明書

  • 転出の手続きをされたかた(転出予定者を含む)

戸籍(全部・個人)事項証明書

  • 転出の手続きをされたかた(転出予定者を含む)
  • 婚姻や転籍などで除籍となったかた
  • 改製原戸籍など最新以外のもの

戸籍の附票の写し(全部・一部)

  • 転出の手続きをされたかた(転出予定者を含む)
  • 婚姻や転籍などで除籍となったかた
  • 発行制限をかけているかた

コンビニ交付サービス利用に当ってのご注意

  1. コンビニ交付サービスが利用できるのは、マイナンバーカード所有者ご本人のみです。
  2. コンビニ交付サービスの利用には、マイナンバーカードに利用者証明用電子証明書を搭載している必要があります。マルチコピー機を操作する際に、利用者証明用電子証明書の暗証番号(数字4桁)の入力が必要です。
  3. 暗証番号の入力を連続して3回間違えると、カードにロックがかかります。ロックの解除には、目黒区総合庁舎1階戸籍住民課および地区サービス事務所の窓口で、暗証番号の再設定を行っていただく必要があります。
  4. 通知カード(紙製のカード)、住民基本台帳カード、印鑑登録証ではコンビニ交付サービスを利用できません。
  5. 15歳未満のかた、成年被後見人のかたおよび証明書の発行制限をかけているかたは、コンビニ交付サービスを利用できません。
  6. 証明書に最新の届け出内容が反映されるまで、日数がかかる場合があります。
  7. コンビニエンスストアのマルチコピー機で取得した証明書の交換や返金はできません。
  8. 手数料が無料となる証明書については、コンビニ交付サービスは利用できません。目黒区総合庁舎1階戸籍住民課、地区サービス事務所および行政サービス窓口をご利用ください。
  9. 発行した証明書が複数枚にわたる場合でも、ホチキス止めはされません。証明書の取り忘れにご注意ください。
  10. マイナンバーカードと電子証明書には、それぞれ有効期限があります。有効期限が過ぎると、コンビニ交付サービスを利用できません。マイナンバーカードの有効期限マイナンバーカードに搭載している電子証明書の有効期限をご確認ください。

利用できる店舗

マルチコピー機が設置されている全国の店舗で、目黒区の証明書が取得できます。

  • セブン-イレブン
  • ローソン(ローソンストア100を除く)
  • ファミリーマート
  • セイコーマート
  • コミュニティ・ストア
  • ミニストップ
  • エーコープ鹿児島
  • イオンリテール
  • イオン北海道
  • ポプラ
  • ウエルシア薬局
  • 日本郵便(郵便局)(目黒区内では目黒郵便局でコンビニ交付サービスが利用できます。コンビニ交付サービスが利用できる郵便局の詳細については日本郵便株式会社Webサイト(外部リンク)をご確認ください。)

セキュリティ対策

  1. 店舗内のマルチコピー機で印刷される証明書用紙(A4サイズ)には、両面に高度な偽造防止及び改ざん防止処理が施されています。コピーをした場合は「複写」の文字が浮かび上がります。
  2. 証明書取得は、マイナンバーカード所有者ご本人がマルチコピー機を操作して行います。申請から証明書取得まで、他人の目に触れずに手続きを行うことで個人情報を保護します。
  3. 自治体からコンビニエンスストア店舗内端末までは専用ネットワーク回線を使用しており、通信内容の暗号化、証明書取得後のデータ消去などにより、個人情報漏えいを防止します。
  4. マルチコピー機の画面表示や音声案内により、マイナンバーカードや証明書の取り忘れを防止します。

コンビニ交付サービスを利用するには、マイナンバーカードが必要です

マイナンバーカードの申請方法、利用者証明用電子証明書搭載方法などの詳細は、次のページをご覧ください。

または、マイナンバー総合フリーダイヤル(電話:0120-95-0178、受付時間:午前9時30分から午後10時まで、土・日曜日・祝日は午後5時30分まで)にお問合せください。

マイナンバー制度に関するお問い合わせ先など

関連するページ

印鑑登録証明書は、郵送請求の取扱いを行っていません

お問合せ