更新日:2024年4月2日

ページID:3723

ここから本文です。

一般介護予防事業

新型コロナウイルス感染症の拡大防止のため、変更または中止する場合があります。
運動が含まれる事業については、お体の状態によりご参加いただけない場合があります。

介護予防・フレイル予防

まずフレイル

東京都介護予防・フレイル予防ポータル

東京都介護予防・フレイル予防ポータルのページ

「介護予防・フレイル予防」の基礎知識(フレイルとなるパターンや主な原因、兆候)を紹介しています。予防のためには、早めの知識と意識が大切となりますので、まずは知っておくことから始めてみましょう。

介護予防・日常生活支援総合事業が平成28年4月からスタート

介護予防・日常生活支援総合事業は、「介護予防・生活支援サービス事業」と「一般介護予防事業」で構成されます。一般介護予防事業は、65歳以上のかたを対象とした介護予防教室や生活機能の状態別の教室の開催等のほか、地域の介護予防活動の支援などに取組みます。

介護予防・フレイル予防講演会

専門家による様々な最新の研究や統計をもとに健康長寿の秘訣を学びます。年2回実施予定です。日程や内容については区報等でお知らせします。

どなたでもご参加いただける介護予防事業

65歳以上のかたならどなたでもご参加いただける介護予防事業を実施しています。

主な教室

65歳以上で要支援(1、2)・要介護(1から5)認定を受けていないかたがご参加いただける介護予防事業

椅子トリムdeフレイル予防

ストレッチやソフトエアロビクスなどの有酸素運動やご自身の体重を利用した簡単な体操を行います。活発に運動したいかたに向いています。

60歳以上で要介護(1から5)認定を受けていないかたがご参加いただける介護予防事業(要支援1、2は参加可)

要介護認定への至りやすさ

出典:JAGES(http://www.jages.net/)より

運動を週1回以上仲間と継続すると、要介護状態になりにくいと言われています。

本講座は、週1回活動するグループを立ち上げるための準備講座です。

シニアの部活

要支援(1、2)・サービス事業対象者(基本チェックリスト該当者)がご参加いただける介護予防事業(短期集中予防サービス)

弱ってきたかなと感じた時が回復のチャンス

年とともに高齢者の生活機能レベルはフレイル、要介護へと低下します。

ですが、フレイルの時期に専門職の指導のもと「正しい生活習慣」を身につけることで、また元気なくらしを取り戻し、その後も持続することが可能とされています。

短期集中予防サービス

チェックリストであなたに必要な介護予防をチェック!

基本チェックリストは、日々の生活を維持していくために必要な心身の能力が衰えていないかをチェックするためのものです。今まで気づかなかった生活上の問題点を知り、介護予防事業に参加して、毎日の生活の中で介護予防を実践していくことが大切です。
「基本チェックリスト」を掲載しましたのでぜひ参考にしてくさだい。

基本チェックリスト(PDF:558KB)

チェックリストの設問は、運動機能の低下、低栄養状態、口腔機能の低下、生活機能全般の低下、閉じこもり、物忘れ、気持ちの落ち込みの7項目について、その傾向の有り無しを判定します。(病気などを判定するものではありません。)

地域包括支援センターの管轄表

管轄 名称 電話番号 所在地
北部地区 北部包括支援センター 03-5428-6891 目黒区大橋一丁目5番1号クロスエアタワー9階
東部地区 東部包括支援センター 03-5724-8030 目黒区上目黒二丁目19番15号総合庁舎1階
中央地区 中央包括支援センター 03-5724-8066 目黒区中央町二丁目9番13号食販ビル2階
南部地区 南部包括支援センター 03-5724-8033 目黒区碑文谷一丁目18番14号碑小学校内(南西側)
西部地区 西部包括支援センター 03-5701-7244 目黒区柿の木坂一丁目28番10号

介護予防通信を発行しています

介護予防通信を年数回発行しています。介護予防事業の予定や実施した教室の様子、地域での介護予防の取り組み、健康に過ごすためのワンポイントなどをご紹介しています。

令和5年度地域でつづけよう介護予防

介護予防通信第47号(令和5年11月発行)(PDF:1,900KB)

介護予防通信第46号(令和5年4月発行)(PDF:5,044KB)

令和4年度地域でつづけよう介護予防

介護予防通信第45号(令和4年11月発行)(PDF:1,926KB)

介護予防通信第44号(令和4年4月発行)(PDF:2,229KB)

お問い合わせ

介護保険課 介護予防係

ファクス:03-5722-9716