食中毒を防ぎましょう

食中毒とは

食中毒菌や食中毒菌が作った毒素、ウイルス等を含む食品を食べることなどで食中毒は起こります。食中毒菌が食べ物の中で増えていたり、食品がウイルスに汚染されていても、味も匂いも変わりません。主な症状は、胃腸炎(下痢、腹痛、おう吐など)ですが、発熱、倦怠感など風邪のような症状の時もあります。普通は人から人に直接移ることはありません。

家庭の食中毒予防「家庭でできるHACCP(ハサップ)」

腸管出血性大腸菌O157による食中毒に注意してください

過去の食中毒発生状況

ノロウイルスによる感染性胃腸炎や食中毒を予防しましょう

食中毒の分類と種類

牛レバーを生で食べるのはやめましょう

ちょっとまって!肉の生食は危険です!

子どもや高齢者は生肉を食べないでください

食品衛生に関する講習会や学習会に講師を派遣しています。

関連するページ

食中毒発生状況についての、発生件数、患者数、病因物質、原因施設等の集計です。